さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2010年02月24日

谷は眠っていた磐田公演




「谷は眠っていた磐田公演」へ行ってきました。
チケットは天竜杉の間伐材を利用したもので磐田オリジナル。

富良野演劇工場より会場は非常に広く、同じ内容でも
受ける印象は大きく変わってくるのではないかと思います。
正直もう半分くらいの広さで見たかったです。

話はストーリー性も薄いのですが独特の雰囲気に呑み込まれ、
「さよなら富良野塾」らしい公演だったと感じました。
  


2010年01月17日

Wの悲劇とぺーぱん

ドラマWの悲劇の最初だけちらりと見たのですが、撮影地が旭川周辺でした。

富良野線の学田駅での降車シーン。
そしてバスに乗って別荘に行くことになるのですが、
そのバスがなんと米飯12号行きのバスだったのです。

これには感動してしまいました。

※蛇足ですが他のドラマでも買物公園と7条緑道が登場していました。  


2009年02月01日

旅立ち~足寄より~




中川コロナにて「旅立ち~足寄より~」を鑑賞してきました。
名駅シネマスコーレは味がありとてもいいのですが、今回は近くのシネコンへ。
シネコンって行ったの初めてかもしれません。

土曜日夕方の回は観客12人、男性個人客6人、
20代の女性2人連れ、30代、50台の夫婦といった構成でした。



ストーリーは「足寄より」のデビュー前後の一部分を取り出したもの。
ちょっとアクシデントが大げさ過ぎた感はありましたが随所に涙ありで楽しむことができました。



撮影地は足寄町内をいろいろまわっていてとても良かったです。
上利別駅、上足寄小学校など。
牧草地は白糸付近なのでしょうか。
並木道はどこなのでしょう??

(文庫本は集英社文庫版、昭和58年第1刷)  


2008年12月18日

風のガーデン最終話

秋冬春。

さらりさらりと過ぎ去る季節の中で
人の記憶の中で確実に生きる、
映像には表れないことにまで胸を打たれました。

ドラマを見ることは正直ほとんどないのですが、
今回は数年ぶりにじっくり楽しむことができて嬉しかったです。
上富良野へはもう1年近く足を踏み入れていないので、
ものすごく行きたい気持ちになっています。
千望峠に行きたい・・・。

前回ドラマを見たのは松崎を舞台にしたあれ・・。
「松崎市街から東伊豆の病院に自転車で行けるかー。」
などと叫んでいました。
私は実は西伊豆好き好き人間なのです。
西伊豆ならレアな場所いろいろ案内しますよ~。  


2008年12月11日

風のガーデン第10話

みんな一生懸命。

今回は最終回への序章としての位置付けかなと思っていたのですが、
なかなか・・・・・・・胸を打たれました。
ここでこんな別れがあるとは予想していませんでした。
  


2008年12月04日

風のガーデン第9話

天使。

様々なシーンがありましたが何気ない最初が印象的でした。
表情がもうすべてを語り尽くしていますね。

さて予告では意味深な言葉が最後に。
うーん。  


2008年11月27日

風のガーデン第8話

息詰まる終盤。

撮影は本当にドラマで公開されていないシーンが山程ありそうですね。
何気ないシーンも凝っていて驚かされます。
地元の人にしかわからないさりげないねたも素敵です。

ドラマはほとんど見ることがないのですが、
ずっと見てきて充実感があります。
「屋根」も見に行きたくなってきました。  


2008年11月20日

風のガーデン第7話

交錯。

予想と展開が微妙にずれていました。

予告編を見るとなんだか来週は見逃せませんね。
果たしてどんな結末が待っているのでしょうか。  


2008年11月13日

風のガーデン第6話

どきどき。

soh's bar今週も登場。
富良野の地名がたくさん出てきましたね。
富良野の床屋で何故上富良野のポスターなのでしょうか。

来週どうなるのでしょう・・・。  


2008年11月06日

風のガーデン第5話

魅せますなあ。

うわーキャンピングカーがきてる。
来週から騒乱の富良野でしょうか。