さぽろぐ

  旅行・温泉・観光  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2005年01月11日

北海道におけるETC利用の今後

高速道路の通勤割引が始まりました。6時から9時、同様に17時から20時の間に料金所の入口もしくは出口を通過した場合半額になるとのこと。休日も適用されるようで通勤以外での利用価値もあるのではないでしょうか。

そうはいっても北海道の場合、高速道路は札幌をメインに利用できる場所は限られています。身の回りに高速道路がない人もたくさんいるのです。基本的に月に数度は高速に乗る人でないとわざわざETCを導入しようとは思わないでしょう。全国平均に比べ著しく低いETC利用実態は今後もしばらく続くのではないでしょうか。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(論説)の記事
 丸井今井民事再生・デパートの構造不況と駅前対繁華街 (2009-01-29 21:45)
 旭山動物園入場者数独走 (2005-08-03 23:18)
 知床世界遺産登録に (2005-07-14 22:05)
 旭山動物園に想うその1(遅れていた動物園投資) (2005-06-12 01:09)

Posted by きたたび at 22:14│Comments(2)論説
この記事へのコメント
TBさせていただきました。
北海道における、ETCによる割引制度、ウォッチのネタになりますよね。私は一定区間無料にすべきだと思いますが。
Posted by ゲスト at 2005年01月19日 13:57
北海道における高速道路の料金体系はどのようなものが適切なのか私としては意見を持ち合わせていませんが無料とすると建設費等の償還の問題もありなかなか難しいのではないかとも思います。そうはいっても無料もしくはそれに近い通行料でないと効果が発揮できない有料道路が道内には多すぎるのも現実であり有料道路だけの収支に囚われない地域全体のトータル的なコストを計算しその結果での判断をして欲しいですね。
Posted by きたたび at 2005年01月19日 22:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
北海道におけるETC利用の今後